Skip to main content
Welcome to Nuveen
Select your preferred site so we can tailor your experience.
Select Region...
  • Americas
  • Asia Pacific
  • Europe, Middle East, Africa
location select
Select Location...
  • Canada
  • Latin America
  • United States
  • Australia
  • Hong Kong
  • Japan
  • Mainland China
  • Malaysia
  • New Zealand
  • Singapore
  • South Korea
  • Taiwan
  • Thailand
  • Other
  • Austria
  • Belgium
  • Denmark
  • Finland
  • France
  • Germany
  • Ireland
  • Italy
  • Luxembourg
  • Middle East
  • Netherlands
  • Norway
  • Spain
  • Sweden
  • Switzerland
  • United Kingdom
  • Other
location select
Institutional Investor
  • Institutional Investor
  • Individual Investor
  • Financial Professional
  • Global Cities REIT (GCREIT)
  • Green Capital
  • Private Capital Income Fund (PCAP)
location select
抽象的な形と雲

2024年グローバル機関投資家調査

EQuilibrium

インタラクティブPDFを見る

不確実な世界における多様なアプローチ

未知なるものに対するポートフォリオを強化するための、機関投資家のさまざまな戦略を探る

機関投資家は、マクロ経済的および地政学的な先行きの不透明感にさまざまな方法で対応しています。現在の方針を貫く投資家がいる一方で、リスク管理、資産配分、投資意思決定に対するアプローチを大幅に再構築している投資家もいます。

世界の800名の機関投資家を対象とした当社のアンケート調査では、投資家がこれらの未知の海域を切り抜け、より回復力のあるポートフォリオの構築に焦点を当てている方法に関する新たな洞察を探っています。

ハイライトを表示するには下記をクリックしてください。

69
機関投資家調査で
高まりを示す
不確実性スコア
69
機関投資家調査で
高まりを示す
不確実性スコア

より高い不透明感が投資家の重荷に

不確実性はある程度予想可能な変数ですが、日々、劇的に変化する今日の状況は、多くの機関投資家にとって未知の領域です。

Nuveenでは、不確実性を測定するために、機関投資家のための不確実性バロメーターを作成しました。当社からは、地政学、資本市場、経済成長、金融財政政策という 4 つの主要な市場要因の不確実性のレベルについて質問し、回答はゼロ(通常の不確かさより大幅に低い)から 100(通常の不確かさより大幅に高い)までのスコアで、50 は予想される不確実性の通常レベルとして示しています。バロメーターの数値は、スコアの加重平均です。

現在の数値は69で、通常の不確定値である50を大幅に上回っています。

 

Nuveen 機関投資家の不確実性バロメーターによる不確実性の測定
図:Nuveen機関投資家不確実性バロメーターで不確実性を数値化
前へ
次へ
40%
2024年に株式投資を削減する計画投資家の割合。増額を計画しているのはわずか 28%
40%
2024年に株式投資を削減する計画投資家の割合。増額を計画しているのはわずか 28%

デュレーションへの関心と株式投資の縮小

調査では、半数の投資家が2024年にポートフォリオのデュレーションを延長する計画を立てているとの回答でした。債券投資志向の投資家にとって、金利上昇とそれに伴う資金調達の改善は、デュレーションを追加することでポートフォリオのリスクを軽減する好機となります。

投資家の半数以上(55%)は、今後1年間、上場株式のリターンが成長軌道に乗る可能性は低いと考えています。多くの投資家は今年、株式投資を減らす見込みであり、これは2023年に投資家が報告していた内容とは反対の動きを見せています。

 

「来年には、過去20年間で株式(ポートフォリオ)のリスクは最も低いレベルになるでしょう。なぜなら債券の方が高いオールインクーポンを獲得することができ、ボラティリティもはるかに抑えられるからです。」

- 米国公的年金、投資責任者

 

今後12ヶ月のポートフォリオの方向性

今後 12 か月間で、あなたのポートフォリオにおいて、以下の分野でどのような方向性の変更を行う予定かを教えてください。(回答者は 800名)

図:今後1年間のポートフォリオの方向性
前へ
次へ
10人中
7人
エネルギー転換関連規制の変化に対応する機関投資家
10人中
7人
エネルギー転換関連規制の変化に対応する機関投資家

エネルギー転換に対する投資家のアプローチはさまざま

ほとんどの投資家は、何らかの形でエネルギー転換に注目しています。この問題に対処する計画を立てていない投資家はわずか 7% にすぎず、さらに 6% が化石燃料投資への投資対象を拡大することで、逆張り的なアプローチをとっています。最大の投資家層(37%)は、経済における現在のエネルギーミックスを反映し、その変化に対応できるようポートフォリオを構成しています。

エネルギー転換を支持する 88% の投資家にとって、天然資源の供給と需要、消費者の需要、低炭素エネルギーの代替手段への資本の流れの変化に対して、それぞれの段階やアプローチが異なることは明らかです。

 

「逆風は政治的一貫性の欠如であるのは明らかです。技術も資金もあるのですから、あとは一貫した政治的意志が必要なだけです。そして、追い風は、かつてないほど安価となっているという事実であり、それは過去にも例がありません。」

- 英国、保険会社、運用部シニアメンバー

 

エネルギー転換に対して現在どのようなアプローチを取っていますか?

エネルギー転換を検討する際、以下の記述のうち、貴社の現在のアプローチを最もよく説明しているものを選んでください。(回答者は 800名)

図:あなたの現在のエネルギー移行へのアプローチは?
前へ
次へ
Nuveenグローバル機関投資家調査について
Nuveen と CoreData は、2023 年 10 月と 11 月、北米(NORAM)、ヨーロッパ、中東およびアフリカ(EMEA)、アジア太平洋(APAC)において、800 機関に対する調査を行いました。調査の回答者は、公的年金、企業年金、保険会社、基金・財団、SWF、中央銀行の意思決定者です。回答者は、資産が 100億米ドル 以上(53%)、100億米ドル 未満(47%)、最低額 5億米ドル以上の組織を代表しています。調査の誤差は、95% の信頼度レベルで ± 3.5% です。
2023年グローバル機関投資家調査
EQuilibrium EQuilibrium
EQuilibrium 保険の現場から:機関投資家ポートフォリオにおけるインパクト投資の展望
EQuilibrium ESGの取り組みにおいて競合他社と比較するには?
ESGインテグレーション、気候変動リスク、社会的投資、DE&I(ダイバーシティ、公平性、インクルージョン)に関するご意見を3分間でできるアンケートでお聞かせください。
お問い合わせ
オフィス
日本
東京
〒100-7018 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー18階
ここに記載されている見解や意見は、制作または執筆日時点における情報提供および教育的な目的のみを意図しており、市場やその他の状況、法規制の動向、追加のリスクおよび不確実性などの多数の要因に基づいて、予告なく変更されることがありますが、変更されない場合もあります。この資料には、純粋に歴史的な性質ではない「将来予想に関する」情報が含まれている場合があります。このような情報には、とりわけ見通し、予測、市場リターンの推定、提案中または予想されるポートフォリオ構成が含まれる場合があります。本資料の作成に当たって行われた可能性のある仮定の変更は、本資料に例として記載されている情報に重大な影響を与えている可能性があります。

過去の実績は、将来の結果を保証するものではありません。投資はリスクを伴い、元本の毀損の可能性があります。

すべての情報は信頼できると思われる情報源から取得されていますが、その正確性は保証されません。かかる情報に基づく決定に対して、現時点での正確性、信頼性または完全性、または責任に関する表明または保証はなく、そのように依拠すべきではありません。

リスクおよび他の重要な考慮事項

本資料は、情報提供のみを目的としており、経済情勢や市況の変化に対応して変更される場合があります。本資料は推奨や投資助言を目的としたものではなく、有価証券の購入や売却の勧誘を構成するものではなく、受託者としての立場で提供されるものではありません。提供された情報には、特定の投資家の具体的な目的や状況は考慮されておらず、また特定の行動方針を示唆するものでもありません。金融プロフェッショナルは、商品やサービスに伴うリスクを独自に評価して、顧客に関する判断を独自に行ってください。特定の商品については、すべての企業や人物が利用できない場合があります。過去の実績は、将来の結果を示唆するものではありません。

経済および市場見通しは不確実性にさらされ、変化する市況、政治・経済動向に基づいて変更される可能性があります。実物投資は資産クラスとしては、従来の資産クラスと比較するとまだ発展の程度が低く、流動性が乏しく、また透明性が低くなっています。投資は、経済状況の変化、為替の価値、環境リスク、保険の費用と取得能力、物件のリースに関連するリスクなど、一般に不動産関連資産の所有および外国投資に伴うリスクの影響を受けます。

本情報は、MiFIDで定義する投資リサーチを構成するものではありません。

責任投資には、発行体、セクター、業種へのエクスポージャーに影響を与える可能性のある環境・社会・ガバナンス(ESG)要素が組み込まれており、利用可能な投資機会の種類と数が制限され、結果として良好に推移する投資が除外される可能性があります。
Back to Top Icon