Skip to main content
現在地を確認
location select
language select
ニュース

ダン・クローズを地方債運用統括者に任命

米国教職員退職年金/保険組合(TIAA)の資産運用部門であるヌビーン(本社:米国)は、米国地方債のポートフォリオ・マネージャーとして長年の運用経験を有するダン・クローズを地方債運用統括者に任命しました。

ダンは、ヌビーンの課税地方債戦略の運用を統括していましたが、今後は、課税地方債のみならず地方債運用チーム全体を統括することになります。同チームは、平均経験年数22年、80名以上の投資プロフェッショナルを擁しており、同資産クラスにおいて最大かつ最も成功し、長い歴史を持つ運用チームの1つです。ダンは、約 30 年間のヌビーン在籍を経て退任するジョン・ミラーの後任となります。同チームの運用・調査プロセスの変更は、一切ございません。引継ぎをスムーズに進めるために、ジョンは2023年6月1日の退任日まで引き続きポートフォリオ・マネージャーを務める予定です。

株式・債券部門統括であるウィリアム・ハフマンは、「ヌビーンの地方債ビジネスを発展させる上で、ダンの存在は極めて重要です。彼は良好な運用実績を上げ、優れた判断力を有し、チームベース・アプローチに貢献してきました。彼のリーダーシップの下、チームは長年業界で評価されてきた優位性と市場でのポジショニングを維持し、強化していくでしょう」と語っています。

ダンは1998年に運用のキャリアをスタートし、非課税ハイ・イールド地方債および投資適格地方債のポートフォリオ・マネージャーとして豊富な経験を有しています。ヌビーンの課税地方債運用を統括し、60以上の機関投資家に運用サービスを提供し、運用資産350億ドルに拡大したプラットフォームの確立に貢献してきました。カスタム債券ソリューションとアセットアロケーションに関する信頼できるプロフェッショナルであり、ヌビーンの世界中の顧客に従事してきた長年の経験を有しています。

ダンは、「地方債市場において最も経験豊富で、熱意と洞察力を持つ運用チームで大きな役割を担うことができることを嬉しく思います。全員が革新的な取り組みを続け、お客様に大きな価値を提供することによって、ヌビーンの強みと運用能力を拡大できることを楽しみにしています」と語っています。

その他のニュース

お問い合わせ
オフィス
日本
東京
〒100-7018 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー18階
Back to Top Icon