現在地を確認
location select
language select
投資見通し

資本市場の鈍化で注目される米国のプライベート・クレジット

高い建物

新型コロナウイルスの感染拡大期間を含め、過去 10 年以上にわたって、投資資本の流れはほぼ一方向、つまり市場に流入してきました。それは、2008 年の大不況以降、米国連邦準備制度理事会(FRB)が低金利を維持してきたためです。パブリック・クレジットは、ローンも債券もその恩恵に浴しました。しかし、視点を変えて 2023 年を見据えると、利上げや量的引き締めが資本市場やプライベート・クレジットに与える影響を検証することが重要となります。

2023年のプライベート・クレジットを形成する各要素

お問い合わせ
オフィス
日本
ヌビーン・ジャパン株式会社の オフィス
27F, Atago Green Hills Mori Tower, 2-5-1, Atago, 105-0002, Minato-ku, Tokyo
Back to Top Icon