当社の別のサイトへ移動
  • Nuveen
    • グローバル(英語 English)
    • これより先のウェブサイトは日本在住の閲覧者を対象とせず、また日本国の法令諸規則が及ぶ内容ではありません。移動しますか?



ルイーズ・
カヴァナー
(Louise
Kavanagh)

  • 最高投資責任者、ファンド・マネジメント・ヘッド、アジア太平洋
ルイーズ・カヴァナー(Louise Kavanagh)

ルイーズ・カヴァナー

カヴァナーは、香港を拠点にアジア太平洋地域を担当する最高投資責任者兼ファンド・マネジメント・ヘッドです。彼女は、Asia Pacific Real Estate Leadershipチームのメンバーであり、投資委員会の議長を務めています。ビジネスにおけるシニアリーダーであり、かつグローバル・エグゼクティブ・リーダーシップチームのメンバーとして、適切な成長・業績戦略を策定し、幅広い事業戦略の形成において主要な役割を担うなど、事業と事業発展をサポートしています。カヴァナーは、Invesco Real Estateで、設立時からInvesco Real Estate Asia Strategyのファンドマネージャーを務めた後、2017年に同社から移籍しました。

同社への入社前は、ドイツ銀行、RREEF Real Estate Asia Pacificのダイレクターを務めています。アジア太平洋地域でのアクイジションと資産運用のヘッドとしての職責の中で、カヴァナーは特定の市場でのオリジネーションやデュー・デリジェンス、投資のモニタリングの責務を担いました。それ以前は、オーストラリアと香港で、Investa Property Group、Colonial First State Property、Royal Sun Allianceに勤務し、様々な役割を経験しました。

ウェスタンシドニー大学で土地経済商業学士号を、Securities Institute of Australiaで応用金融・投資グラデュエート・ディプロマを取得。また、Urban Land Institute(ULI)のグローバル運営評議員を務めており、ULIがそのミッションを遂行する上で直面する実質的な問題について、広範かつ多様な会員の声を代弁する責務を担っています。また、ジェンダー・ダイバーシティに関する対話をリードするNuveenの業界組織であるLEAD(リーダーシップ、教育、アドボカシー、発展)の委員でもあります。 受賞歴には、 2021年のGlobe St’s Women of Influenceの1人としてのノミネートが含まれます。

Back to Top Icon