当社の別のサイトへ移動
  • Nuveen
    • グローバル(英語 English)
    • これより先のウェブサイトは日本在住の閲覧者を対象とせず、また日本国の法令諸規則が及ぶ内容ではありません。移動しますか?



ニュース

Nuveen、気候変動に関する報告において 世界的に優れた運用会社に選出

責任投資を提唱する国連PRIが「リーダーズ・グループ」の一社としてNuveenを選定

TIAA(米国教職員退職年金/保険組合)の運用部門であり、1兆米ドルの運用資産残高を有するNuveenは、世界で責任投資を提唱する国連PRI(責任投資原則)から気候変動に関する報告が優れていると認定されました。

国連PRIは毎年特定のテーマに基づいて責任投資を主導する機関を選出していますが、2020年度は気候変動に関する報告をテーマとして36機関を選定しました。

国連PRIは責任投資原則を実施するための投資家の国際的なネットワークで、国連が支援しています。この責任投資原則を採択した署名機関は世界中で2900以上に上ります。同組織は投資における環境、社会、ガバナンス(ESG)ファクターの影響について理解を深め、投資家やアセットオーナーの意思決定にESGファクターを組み込むことを支援しています。

選定された米系運用会社4社中の1社

2020年度のリーダーズ・グループに選定された米系運用会社はわずか4社ですが、Nuveenはその中の1社です。

国連PRI最高経営責任者のフィオナ・レイノルズ氏は「多くの署名機関が、気候変動に関する報告において責任投資を実践しているNuveenから学んで欲しいと思います」と述べています。2020年度のリーダーズ・グループに選定された機関の実績に関するレポートはこちらからご覧いただけます。

また、Nuveen最高経営責任者のホセ・ミナヤは「当社は気候変動リスクを金融リスクとして考えています。気候変動リスクを評価・管理し、リスクの変化を理解することにより、当社はより良い投資家となり、お客様はより優れた運用成果を得られると信じています。当社は全ポートフォリオの気候変動リスクに取り組むための全社的な戦略があり、業界の基準に従い継続的に報告を行っています」とコメントしています。

全資産クラスにおいて気候変動リスクに対応

Nuveenは投資する全資産クラスにおいて気候変動に関するリスクおよび機会を適切に数値化、分析、対処するために、専門家や先駆的なデータ・プロバイダーと提携しています。この取り組みは二酸化炭素排出等を通じて気候変動に大きく影響する不動産およびリアル・アセットの分野で特に進んでいます。異常気象や気温上昇など気候変動に伴うリスクを世界中が既に認識しています。

Nuveenの責任投資チームは上場企業や債券発行体の取締役会および経営陣と目的を持った対話を行い、気候変動リスクの効果的な監視とリスク管理を提唱しています。特に、目的を持った対話と議決権行使を通じて、気候変動リスクの積極的な評価、リスクの戦略的・経済的分析、気候変動に関する方針と実績の開示を働きかけています。

ESGを考慮したNuveenの先進的取り組み

責任投資チームのメンバーは投資先企業に対して、世界的なESGの報告における枠組みを用いたアドバイスをしていますが、これは投資プロセスにESGファクターを組み込むNuveen自身の取り組みにも役立つものと信じています。

Nuveen責任投資統括のエイミー・オブライエンは、「我々の目標は気候変動に関する実用的なデータを全ての投資プロセスに体系的に組み込むことにより、リスクを軽減し、リターンを高め、新しい投資アイデアや機会を生み出すことです。Nuveenは具体的な行動と市場の変革を推進するための主導的な立場を通じて、低炭素経済への早急な移行とより安定した持続可能な経済の発展を強力に支持します」と話しています。

お問い合わせ先