当社の別のサイトへ移動
  • Nuveen
    • グローバル(英語 English)
    • これより先のウェブサイトは日本在住の閲覧者を対象とせず、また日本国の法令諸規則が及ぶ内容ではありません。移動しますか?



オルタナティブ

農地価格上昇をもたらす要因分析 一年生作物栽培用農地に関する国 別寄与度分析

用農地  画像

サマリー

農地はボラティリティが低く、他の資産クラスやグローバルにおける広範な景気循環との相関性もほとんどないことから、長期にわたって高位な利回りを創出しています。2001 年以降、米国の農地価格は年率6.8%1で上昇、ポーランドの農地は年率11.8%2、ブラジルでは年率12.9%3でそれぞれ上昇しています(いずれも現地通貨建て)。ポートフォリオに分散効果をもたらすことから、これらの農地のリターン特性は多くの投資家にとって魅力的です。

当レポートではグローバルの農地価格の変動をもたらす主な要因について分析し、これらの要因が長期にわたりどのように変化してきたかをみていきます。また、その過程で、下記のテーマについても分析します。


  1. 一年生作物栽培農地の価格は収穫高と資本コストの数式から算出される点
  2. 年別および地域別に農地価格に変動をもたらす要素の変化の有無
  3. 金利変動による影響が弱まる一方、分析を実施した全地域において生産性の向上が農地価格の上昇に対する寄与度が上がっている点

お問い合わせ先