当社の別のサイトへ移動
  • Nuveen
    • グローバル(英語 English)
    • これより先のウェブサイトは日本在住の閲覧者を対象とせず、また日本国の法令諸規則が及ぶ内容ではありません。移動しますか?



投資見通し

資産クラス別の見通し

Dark tunnel with lights on the side

株式 より 正常 な環境を想定したポジション

サイラ・マリク
最善の投資アイデア:


投資機会とポジション

株式市場の環境は総じて良好です。金利は相対的に低いまま推移し、特 に世界の大部分で信頼性の高い新型コロナのワクチンを手に入れら れるようになれば、世界的な経済成長が 2021 年を通して回復基調 になると当社ではみています。

2020 年の株式市場は、主にバリュエーションの変化に反応しまし た。 今 後 は、 企 業 収 益 の 果 た す 役 割 が 大 き く な る と 予 想 し て い ま す。そして上記したワクチンの普及などを背景に 2021 年の収益見 通しは堅調となる見込みです。

今後数カ月は新型コロナのパンデミックの状況が悪化するため、ボラティ リティは相対的に高止まりする公算が大きいです。また、米国の追加の景 気刺激策を巡る不透明感は、株式にとって逆風となる可能性があります。 2021 年後半は、全体的な市場環境は正常化が進み、ボラティリティも低く なることから、市場はさらに底堅く推移すると考えます。

総じて、当社では 2021 年に市場が適度なリスク・オンの状態になるのに備 えたポジションを構築しており、ボラティリティの後退と緩やかながらプ ラスの経済成長がアクティブ運用にとっては追い風になると考えています。 グロース株とテクノロジー株が 2020 年のパフォーマンスで優勢だった一 方、当社は 2021 年により幅広い銘柄が上昇すると見込んでいます。特に、 米国の小型株は比較的割安とみており、ドル安の可能性を踏まえて、新興 国市場の株式も選好します。グロース株からバリュー株への長期的な移行 が進むとはまだ予想していませんが、これら 2 つのスタイルのパフォーマ ンス格差は少なくなると見込んでいます。

ESG 基準を重視している企業は、2021 年も株価は堅調推移が続くと思われ ます。当社の見解では、ESG を重視する企業はクオリティが高くなる傾向 にあり、ESG 投資に対する関心は引き続き高まります。

プライベート・エクイティ市場に関しては、新規案件は相変わらず限定的 となっているものの、既存案件については、手元流動性を確保し、バランス・ シートの強化に取り組んできたディフェンシブ銘柄を強気でみています。こ うした銘柄は、経済の環境が安定したときには業績の改善が期待されます。

課税債券 適度なリスクを取り、クレジッ ト性資産をオーバーウェイト

アンダース・パーソン
最善の投資アイデア:

投資機会とポジション

当社では 2021 年について、平坦ではないものの経済 成長の適度な改善、低金利、金融・財政政策による 支援の継続を予想しています。

FRB とその他の世界の中央銀行は、当面の間、金利を極 めて低く抑えることを示唆しています。この公約を受けて 流動性は改善し、世界経済が下支えされる展開となりまし た。しかし、金利をゼロ近辺まで低下させたことで、利回 りとインカムの獲得はさらに困難になりました。

2021 年にかけての当社のポートフォリオのポジションは、 適度なリスクを取り、クレジット性資産をオーバーウェイ トとしています。米国債およびその他の国の国債のセク ターをアンダーウェイトとすることは、これらが比較的に 割高になっているためです。代わりに、当社はクレジット 性資産に着目しており、持続性のあるフリー・キャッシュ・ フローを生み、バランス・シートが健全な企業の債券に投 資妙味があるとみています。具体的には、投資適格債、ノン・ エージェンシー不動産担保証券、優先証券、厳選されたハ イ・イールド債と新興国市場債券などとなります。当社で は特に格付けが中位の銘柄に注目しており、この市場セグ メントのレラティブ・バリューが最も高いと思われます。

ESG ファクターの重視は、債券を個別に評価する際に引 き続き重要なテーマとなります。当社では長い間、これら のファクターを投資先選定の仕組みに組み込んでおり、社 内格付けにおいて高いスコアを獲得した投資先には相対的 な優位性があると考えています。

プライベート・クレジット市場は今後も注目度が高く、 魅力があるとみています。取引件数は投資適格の発行体 とミドルマーケット・ローンの発行体に関しては堅調 で、引受も高止まりしています。

当社の見通しに関するリスク

当社の展望の最大のリスクは、2020 年春のようなリスク・ オフ環境が再び起こることでしょう。そのような環境にな れば信用スプレッドが拡大して質への逃避が起こり、当社 のポジションにとっては厳しい状況になると思われます。

同時に、市場が積極的なリスク・オンへ劇的に変化し、価 値が大幅に低下した債券や、パンデミックによって最も大 きな打撃を受けた領域が選好されるようになった場合も、 リスクを適度に抑制した当社のアプローチに対してネガ ティブな影響が及ぶことが想定されます。

地方債回復力のあるクレジット、低い デフォルト率、需要の持ち直し

ジョン・ミラー
最善の投資アイデア:


投資機会とポジション

米国経済が春頃の落ち込みを経て持ち直す中、地方債市場 も回復を続けています。FRB は 2022 年にかけてゼロ金利 政策を維持するとみており、さらに長期金利の急上昇を抑 制し、債券市場全体の流動性を下支えするために量的緩和 政策も継続する可能性が大きいと考えます。以上の要因す べてが地方債にとって追い風となります。

地方債市場は歴史的にみても深刻なパンデミックに直面 したものの、全体的には予想以上の安定性を発揮しま した。3 月から 4 月にかけて地方債の需要は激減しまし たが、特に投資適格級の地方債についてはそれ以降回 復の一途をたどってきました。

また、デフォルトは引き続きまれであり、市場の中のわず かなニッチなセクターに限られています。

当社では引き続き長めのデュレーションに強気見通しを有 しており、信用リスクの面で利回りが上乗せされた銘柄の 投資妙味が高いとみています。投資機会は個別要因に基づ くものが多く、入念な調査と銘柄の厳選が重要となります。

投資適格地方債のスプレッドは縮小し続けており、経済の 回復と共に市場は堅調に推移すると予想されます。ハイ・ イールド地方債については、スプレッドの拡大により特定 の領域がアンダーパフォームしています。もっとも、当社 はハイ・イールド地方債のファンダメンタルズは引き続き 健全と考えており、直近のスプレッド拡大によって割安な 領域が生まれたとみています。

ESG ファクターは引き続き重要で、浄水、リサイクル、食 糧供給関連プロジェクトに投資妙味があるとみています。

当社の見通しに関するリスク

当社が考えるシナリオの主なリスクは引き続きパン デミックの悪化と、それによる再度の都市封鎖およ び経済活動の抑制です。ただし、地域によって経済 活動を制限する可能性はあるものの、全国的な制限 の可能性は低いと思われます。

インフレ・リスクは地方債の投資家にとって常に付きまと う問題ですが、2021 年のインフレ圧力は十分に抑えられ、 FRB の金融政策は据え置かれると予想します。FRB が量 的緩和政策の縮小(「テーパー・タントラム」の再来)を 始めた場合、長めのデュレーションのリスクが高まること から、そうした兆候がないか常に注視しています。

>不動産 投資機会の拡大、差別化が 進む

マイク・セールス
最善の投資アイデア:


投資機会とポジション

世界経済は引き続き回復が見込まれますが、地域や都市、 不動産の種類、業界によってその伸び方に差が出てきてい ます。特に、アジア経済は米国や欧州よりも回復のペース が速く、場所によっては投資妙味も高まっています(例え ば、当社では米国の小売およびオフィス物件については弱 気ですが、アジア地域の住宅およびオフィス物件について はどちらかと言えば強気です)。

中央銀行の緩和的な金融政策と、依然として力強い資金 の流れが引き続き不動産の下支え要因になると予想して います。金融政策については数年にわたり極めて緩和的 な状態が続くと考えており、その影響は様々な金融市場に 幅広く浸透すると思われます。

新型コロナウイルスは既存のトレンドに拍車をかけていま す。小売はオンライン・ショッピングへの移行が一段と進 む傾向にあり、これが産業用不動産の方が従来型の小売物 件よりも好まれる理由となっています。同様に郊外の不動 産に対する需要も特に米国で爆発的に増加しており、一戸 建て賃貸の需要が膨らんでいます。

医療費は増加しており、これも不動産投資にとって大きな 意味を持ちます。人口が世界的に高齢化し、病院からコス ト効率の良いクリニックへの医療活動の移行が進む中で、 ライフ・サイエンス、高齢者向け住宅、クリニックへの投 資いずれもが魅力的となっています。

他にも、当社では引き続き、不動産のエネルギー効 率の向上や人々の住む場所の選択の変化など、気候 変動が不動産の動向にどのように影響しているかと いった問題も注視しています。

米国では、一部のオフィスや小売セクターの価格下落に投 資機会を見出すことができます。オフィス物件の中では、 環境面での持続可能性を重視した、規模の小さい特化型 の投資先を強気でみています。

当社の見通しに関するリスク



全般的に、当社は医療やライフ・サイエンスに関する 投資先、集合住宅、産業用不動産といったオルタナ ティブ不動産投資を強気でみています。これらの投 資先は調達が難しい場合もあり、流動性の低さがリ スクとなる可能性があります。

これに関連して、資金が産業用不動産や集合住宅の他、オ ルタナティブ不動産に該当する種類の物件に集中して流れ 込んでいるため、直近プライシング・リスクが若干みられ ます。集合住宅セクターが若干の圧力を受ける可能性はあ るものの、産業用不動産のプライシング・リスクは強まる 追い風によって軽減され、オルタナティブ不動産セクター についてもすぐに投資できる投資家が少ないことの恩恵 を受けるものと思われます。

プライベート・およびパブリック・リアル・アセット 回復力のある、資金の逃避先

ジャスティン・ アーソ
ジェイ・ ローゼンバーグ
最善の投資アイデア:


投資機会とポジション

パブリック・リアル・アセット(上場実物資産)とプ ライベート・リアル・アセット(非上場実物資産)は、 金融市場のボラティリティが高く、経済が不確実な時 代において回復力が高く、資金の逃避先としての需要 が高まっていると考えます。特に、安定的なキャッ シュ・フローを有し、短期的な市場の混乱から隔離さ れている投資先に我々は価値を見出しています。さら に、これまで敬遠されながらも、経済が正常化してき たときに恩恵を受けると期待されるセクターにおい て、ファンダメンタルズが落ち着きつつあり、バラン ス・シートが健全であるものの売られ過ぎている証券に 投資妙味があるとみています。

一般的に、金利が低下する環境はリアル・アセット の大半にとって引き続き支援材料となります。さら に、インフレは短期的には可能性が低いものの、今 後数年は論点になることが多くなると予想されるた め、 リ ア ル・ ア セ ッ ト が イ ン フ レ・ ヘ ッ ジ と し て 貴重になる可能性があります。

パブリック・リアル・アセットでは、相対的な勝者と敗 者との間に明確な違いが出ています。とはいえ、ソー シャル・ディスタンスの影響を最も受けてきた経済の一 部が再開すれば、両者のパフォーマンス格差もある程度 縮小する可能性があります。不動産の中でも例えば従来 型の小売やオフィス、宿泊施設などは、パンデミック の関係で制限を受けたことによる低迷を経験していま すが、産業やデータ・センター、物流は引き続き安定 し、見通しも改善しています。

同様に、空港や有料道路などのインフラの多くも引き続 き圧力を受けるものの、パンデミックの落ち着きに伴い 正常化へ向けた長い道のりが始まる可能性があります。 その反面、テクノロジーや公益事業、電力に対する投資 は安定的に伸びており、消費者の需要の変化、労働力の 柔軟化、エネルギー源のクリーン化に対する嗜好を踏ま えると、改善がさらに進む可能性が大きくなっています。

農業および森林などのプライベート・リアル・アセッ ト投資は、増加する需要とひっ迫する供給によって 下支えされてきました。さらにこれらの投資領域の 多くは、業界の本質的な性質と相対的に流動性が低 い こ と が 功 を 奏 し て、 新 型 コ ロ ナ に 関 連 す る 景 気 の激変から隔離されています。

プライベート・リアル・アセット投資のすべてを見渡して、 当社は引き続き持続可能性とサプライ・チェーン、流通 の回復力にフォーカスしています。.

責任投資は長い間、当社の投資プロセスの中の重要な部 分となっており、重要性が増している分野です。リスク / リターン特性を向上させる機会は、二酸化炭素排出量 の削減に努める公益事業者、より優れた環境を提供する 不動産投資、責任あるガバナンスに重点を置く企業など の領域に多く見出すことができます。インパクト投資で 魅力ある機会を提供するのはアフォーダブル・ハウジン グ(手頃な価格の住宅)、資源効率、インクルーシブな(格 差是正を目指した)成長戦略といった領域です。

当社の見通しのリスク

経 済 成 長 の 鈍 化、 イ ン フ レ を 伴 わ な い 金 利 の 急 上 昇、 米 ド ル 高 の う ち の ど の 組 み 合 わ せ が 起 こ っ て も、悪材料になると考えられます。さらに、貸出条 件の大幅な引き締めは、あらゆる市場の利回り急騰 につながる可能性があります。

全般的に、当社は上場不動産、消費者セクターに関連し たインフラ投資、化石燃料ベースのエネルギー・インフ ラに関しては弱気の姿勢をとってきました。もっとも、 パンデミックによる需要消失が改善するにつれて、状況 は変わる可能性があります。コロナの打撃を受けたセク ターにおいて見通しが改善すれば、ディフェンシブなグ ロース指向のポジションにとっては逆風となります。
重要なお知らせ
A ヌビーン・ジャパン株式会社(以下「当社」といいます。)は、第二種金融商品取引業、投資運用業及び投資助言・代理業 を行う金融商品取引業者です。

第二種金融商品取引業者として、当社は金融商品取引法(昭和二十三年法律第二十五号、その後の改正を含む)第二条二項に規 定された有価証券についてのみ勧誘を行うことができます。従って、当社が提供する資料は、登録業務の範疇で当社が私募の取 扱いを行う対象とはならない同有価証券、及びその他いかなる有価証券の取得の勧誘を意図して提供されるものではありません。

投資運用業者として、当社は日本の投資家向けに投資一任運用サービスを提供することができます。従って、当社が提供する資 料は、登録業務の範疇で認められていないいかなるサービスの提供勧誘を意図して提供されるものではありません。

投資助言・代理業者として、当社は投資助言の提供及び国内投資運用業者と海外の運用業者との間の投資助言契約あるいは投資 一任契約の締結の代理を行うことができます。従って、当社が提供する資料は、登録業務の範疇で認められていないいかなるサー ビスの提供勧誘を意図して提供されるものではありません。

本資料に記載の情報は資料作成時点で実質的に正しいと考えられますが、その情報の正確性あるいは完全性を当社が表明あるい は保証するものではありません。データは資料作成者が信頼しうると判断した提供元から取得していますが、その正確性を当社 が保証するものではありません。

過去の運用実績は将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産の価値および投資によりもたらされる 収益は増加することもあれば減少することもあり、投資家は投資元本を失う可能性もあります。

本資料に含まれる見解は、資料作成時点での資料作成者の所見や展望であり、将来予告なく変更されることがあります。また、 それらの見解は、過去あるいは将来の動向についての表明あるいは保証とみなして依拠されるべきものではありません。

経済あるいは市場に関する予測は不確実性を伴い、市場、政治、経済などの状況により変化する可能性があります。

本資料中に個別格付けの記載が含まれる場合、下記ウェブページの「無登録格付に関する説明書」をご覧ください。https://www. nuveen.com/ja-jp/global/-/media/nuveen/documents/legal-and-compliance/unregisteredratingagencies.ashx

Nuveen, LLC 及びその傘下の関連会社を総じて「Nuveen」あるいは「ヌビーン」と称する場合があります。Nuveen, LLC は Teachers Insurance and Annuity of America (TIAA、米国教職員退職年金 / 保険組合 ) の資産運用部門です。

本資料は、情報提供を目的として、受領者限りの資料としてご提供するものです。本資料を当社の書面による許諾なく第三者に よる使用または第三者への提供を禁じます。

金融商品取引法に基づく広告規制に関する重要事項

【費用】 当社が投資一任契約口座にてお客様から受託した資産の運用を行う場合、お客様には、運用報酬、売買手数料、保管費 用等をご負担いただきます。運用報酬やその他手数料については、投資形態、資産残高、運用手法等によって異なるため、あら かじめその料率やその上限値を本資料中に表示することはできません。具体的な費用については、契約締結に先立ってお渡しす る契約締結前交付書面をよくお読みください。

【リスク】 受託資産の運用に際しては、組入れファンドの価格変動リスク、組入れファンド内で投資する有価証券等投資対象の 価格変動リスク、金利および金融市場の変動リスク、流動性が十分でないために取引できない流動性リスク、株式や債券に投資 する場合には発行体の信用リスク、外貨建て資産の場合は為替変動リスク等の影響を受けます。これらの影響により、組入資産 の価格が変動して損失を生じ、投資元本を失う可能性があります。運用によって生じた損失はすべてお客様に帰属します。具体 的なリスクについては、契約締結に先立ってお渡しする契約締結前交付書面をよくお読みください。

ヌビーン・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 3132 号 

一般社団法人日本投資顧問業協会 / 一般社団法人第二種金融商品取引業協会加入 283-20210106