Skip to main content
現在地を確認
location select
language select
ヌビーン

ヌビーン・グループCEOホセ・ミナヤからお客様へ
メッセージ

A man in a suit smiling at the camera

平素よりお引き立てを賜り心より感謝申し上げます。

ヌビーンは、資産運用において絶え間ない改善と革新性を追求し、長期にわたり実績を積み重ねてまいりました。創業以来125年の歴史が示すように、私たちの実績がお客様の未来の成功につながると信じております。

私たちには、世界中の多くの投資家様に対して優良なリターンを生み出し、安定した資産成長を達成する責任があると考えております。これらに対する最大の脅威は、今なお続く市場のボラティリティと不確実性です。ヌビーンは強固なバランスシートを有する親会社のTIAA(米国教職員退職年金/保険組合)とともに、このような投資環境下においても投資家の皆様がリスク管理を行いつつ資産の成長を目指すことができるような戦略や組織体制を構築してまいりました。

このような取り組みのなか、私たちが特に重要視したことは、革新性のある分散型ポートフォリオを構築することです。市場で起こりうるすべてのシナリオに対応できるよう、伝統的なポートフォリオの概念(株式60%・債券40%)に囚われることなく、伝統的資産とオルタナティブ資産を適切に組み合わせたアプローチを採用しました。オルタナティブ資産に関してはここ数年、インフレや長期金利上昇の環境下で着実に成果を上げるため実物資産や自然資本、インフラやプライベート・キャピタルに至るまで、これまで手が届きにくかった資産への投資機会を提供するべく取り組んでまいりました。

また、ESG(環境・社会・ガバナンス)の要素を投資プロセスに組み込むことも重要です。昨年は世界的なエネルギー転換の進展、低所得者向け住宅への注目、企業の透明性の向上など、さまざまなESG要素で変化がみられ始めました。ますます存在感を増すこれらの要素を軽視することは大きなリスクにつながると考えております。私たちはESGへのコミットメントを徹底し、そうした取り組みがリターン向上とリスク低減につながるよう尽力してまいります。

TIAA一般勘定の運用者であるヌビーンは、アセット・オーナーであり、アセット・マネージャーでもあり、親会社や外部の投資家様と同じ目線で長期的なリターンを目指せることが強みの一つです。当社が125周年を迎えられたのは、短期的な成果のみではなく中・長期的なニーズに応えることを追求することにより、お客様より信頼いただいたからに他なりません。

皆様からのヌビーンへの変わらぬ信頼に心より感謝申し上げます。お客様の一助となるようヌビーン社員一同尽力する所存です。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ホセ・ミナヤ

*上記写真からホセ・ミナヤによるメッセージビデオ(英語)がご覧いただけます。

お問い合わせ
オフィス
日本
東京
〒100-7018 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー18階
Back to Top Icon