Skip to main content
Welcome to Nuveen
Select your preferred site so we can tailor your experience.
Select Region...
  • Americas
  • Asia Pacific
  • Europe, Middle East, Africa
location select
Select Location...
  • Canada
  • Latin America
  • United States
  • Australia
  • Hong Kong
  • Japan
  • Mainland China
  • Malaysia
  • New Zealand
  • Singapore
  • South Korea
  • Taiwan
  • Thailand
  • Other
  • Austria
  • Belgium
  • Denmark
  • Finland
  • France
  • Germany
  • Ireland
  • Italy
  • Luxembourg
  • Middle East
  • Netherlands
  • Norway
  • Spain
  • Sweden
  • Switzerland
  • United Kingdom
  • Other
location select
Institutional Investor
  • Institutional Investor
  • Individual Investor
  • Financial Professional
  • Global Cities REIT (GCREIT)
  • Green Capital
  • Private Capital Income Fund (PCAP)
location select
投資見通し

グローバル
投資委員会
2024年4 - 6月期展望

高波に乗る

グローバル投資委員会(GIC)について
Nuveenのグローバル投資委員会(GIC)は、すべてのパブリック市場およびプライベート市場を含め、当社の中核となる専門能力のプラットフォーム全体から、最も上席の投資プロフェッショナルによって構成されています。
Aerial view of people in the water at a beach

セクションごとの投資見通しについて

 

主なポイント

 

高波に乗る

サイラ・マリク、最高投資責任者

もともと1967年にジャマイカのトリオによって書かれ、録音された「The Tide Is High(邦題:夢見るNo.1)」は、今では最も知られている1980年のカバーバージョンが世界中のチャートでトップを飾り、広く知られるようになりました。この曲のテーマはシンプルで、困難な状況を示す親しみやすいコーラスをバックに、メロディーは「Iʼm holding on(がんばる)」と逆境に負けない力強さを歌っています。これは、高波に直面し、それに適応しようとしている今日の投資家にとってぴったりのサウンドトラックといえるかもしれません。

前回の展望「ピークは過ぎたが下り坂はまだ先」で見た通り、インフレ率と金利は今も高水準が続いています。間もなくインフレ率も金利も最近の最高地点から大きく後退すると考える理由はほとんどありませんが、強力な逆流によって波がかき乱される可能性もあります。例えば、好ましい経済成長トレンドが、地政学的な緊張の高まりや広範なインフレ圧力の復活で腰を折られる可能性もあります。

潮が満ちているときに投資成果を成功させるための秘訣は、次の大きな波にランダムに放り出されることを予測し、受け身で息を止めて待つのではなく、両足の指10本でしっかりサーフボードに立って受けて立つことです(サーフィン用語でいう「ハング・テン」)。

波しぶきの上がるこの海原の中で、当社の展望では現在、以下のポートフォリオテーマに注目しています。

債券とのバランスを維持。過去2年間に利回りが劇的に上昇したことで、リスクとリターン間のトレードオフはセクター間およびセクター内で大きく異なるものの、債券から価値を創造する機会が多く生じています。当社は主に、ハイイールド社債、シニア・ローン、地方債、プライベート・クレジットなどを含め、非投資適格カテゴリーの中でもより質の高いセグメントに目を向けています。

株式市場の潮流に逆らうときは要注意。株式のバリュエーションが上昇し続ける今、バブル懸念はありますが、株式投資を完全に避けることは困難であり、その必要もありません。しかし、私たちは単に流れに乗ることを提唱しているわけではありません。当社は、株式配分のリスク調整後パフォーマンスを最適化するための手段として、ディフェンシブ銘柄と高ベータ銘柄双方を活用したバーベル戦略に注目しています。

次の不動産の波をキャッチ。2023年の当社ヒートマップではプライベート不動産を「消極的」としていましたが、このアセット・クラスは底打ちしたように思われ、現在は中立的な見方に引き上げています。このシフトは、特にオフィス不動産市場が今も低迷していることに照らし、すべての不動産に対する推奨ではありません。しかし、当社では、新規不動産取引コストがフェアバリューないし割安になっていることに加え、不動産への投資意欲が上向き、特定セクターにおける興味深い投資アイデアが数多くみられる点に注目しています。

世界の投資環境は、高潮・干潮だけでなく、危険なリップカレント(離岸流)や巨大波が発生するリスクもはらみ、ますます複雑化して今後荒れ模様となる可能性があります。しかし、長期目標を見失うことなく変化する状況に適応できる分散投資型の長期投資家は、「がんばった」甲斐は十分にあると思えることでしょう。

NuveenのCIOおよびグローバル投資委員会のリーダーとして、市場や投資に関する洞察を通じ、顧客のアセット・アロケーションに対する考察を提供するとともに、当社を代表するシニア投資リーダーを統括しながら、最善の知見と実行可能な投資アイデアをお届けしています。また、Nuveenの株式投資委員会の議長を務め、複数の主要な投資戦略のポートフォリオ・マネジャーも担当しています。

お問い合わせ
オフィス
日本
東京
〒100-7018 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー18階
Back to Top Icon