Skip to main content
現在地を確認
location select
language select
投資見通し

ベスト・アイデア

Nuveenグローバル投資委員会
Blue mountains

株式投資における当社のベスト・アイデアは一貫しています。配当成長株は、潤沢なフリーキャッシュフローと高位な利益率、安定した収益を提供する優良企業である傾向があります。米国のパブリック・インフラも、経済成長の鈍化にも耐えうるセクターとして選好しています。

株式

投資ポジショニング

当社の主要な株式投資テーマは、シクリカルなエクスポージャーを全体的に減らし、経済減速に耐えられる強固なファンダメンタルズと潤沢なフリーキャッシュフローを持つ優良企業に焦点を当てることです。2023年後半の株価上昇は企業収益の改善によってもたらされ、割安感は後退しました。したがって、グローバル株式市場全体を見れば選別的な機会はありますが、当社は全体的に中立的な格付けを維持しています。

割安感が後退する中、米国大型株に対して当社は前四半期に比べて若干弱気になっています。この分野では、主にソフトウェアや半導体などのテクノロジー株を中心に、配当成長株や優良成長株に注目します。また、ポートフォリオ構築テーマで詳述した通り、パブリック不動産とパブリック・インフラの株式を選好します。

地理的には、他の先進国市場よりも米国を引き続き選好します。米国の企業収益はさらに回復しているように見え、米国は世界的な景気減速の可能性に対して、他国よりディフェンシブな特性を提供しています。新興国市場では、成長の見通しが不安定な中国は警戒しますが、ブラジル(良好な金利とインフレ環境)と、ニアショアリングの好影響を受けているメキシコには価値があると考えます。より広範で見れば、当社は来年、新興国市場にとってドル高はそれほどの逆風にはならないと予想していますが、地政学的リスクが逆風になる可能性もあると考えています。

プライベート・エクイティについては、より多くの価値と機会を見出しており、今後の数四半期でディール件数が増加すると予想しています。

 

債券

投資ポジショニング

債券市場は全体的に魅力的に見えます。先進国ではインフレが緩和傾向にあり、FRBや欧州中銀の利上げサイクルは終わったと思われます。直ちに利下げがあるとは期待していませんが、債券利回りは2024年を通して緩やかに低下するでしょう。このような環境では、債券市場の堅調な推移が予想されます。また、金利が高止まりしたとしても、足元の利回りは魅力的なインカムを提供します。

債券利回りの上昇と、世界の債券市場の大半で信用スプレッドがタイト化していることで、価値が生み出されています。ポートフォリオ構築の見解で述べたように、当社は主に信用力が比較的高いセグメントに注目しています。2024年前半には信用スプレッドが拡大すると予想され、その時点では、信用リスクを増やすことが合理的かもしれません。

当社はここしばらく、グローバル債券市場全体で(銘柄によって差はあるかもしれませんが)確かな投資機会が見られるため、信用セクターの柔軟性と分散投資に注目するよう提唱してきました。今後は緩やかなスプレッドの拡大が期待されることから、投資適格債とハイイールド債(その中でも、信用の質が比較的高い銘柄を選好)については全体的に中立的な見方をしています。新興市場債券のバリュエーションは適正に見えますが、地政学的リスクが逆風を引き起こす可能性があります。

当社は証券化クレジットを選好します。信用スプレッドが比較的広い民間MBSは特に魅力があります。また、金利が急速に低下する可能性は低いため、期限前返済リスクは比較的低いと考えています。また、商業用MBSやアセットバック証券にも魅力があると考えます。さらに、比較的質の高い(BB格)シニア・ローンは、ファンダメンタルズが強固であり、変動金利の資産クラスとして、短期金利がより長期にわたって高止まりすると思われる金利環境では魅力的に見えます。

地方債はファンダメンタルズが堅調であり(高い信用格付けと潤沢なキャッシュ)、需給動向も魅力的です。また、当社の金利見通しに基づき、地方債のデュレーションが比較的長いことも追い風になると考えています。米国以外の投資家にとっては、(一部ヘッジコストが高いにもかかわらず)課税地方債が大きな機会を提供すると考え、課税地方債市場ではハイイールド債と、特別税および固定資産税を裏付けとした債券に焦点を当てています。

先に述べたように、特に2024年の景気後退が浅い、または緩やかなものとなった場合には、当社は依然としてプライベート・クレジットに強気です。.

 

不動産

投資ポジショニング

プライベート不動産市場はここしばらく、圧迫されてきました。しかし、不動産デット市場には引き続き機会があり、不動産エクイティ市場は底入れしつつあると思われます。オフィスセクター以外、不動産のファンダメンタルズは依然として健全です。当社では、限定的な流動性やディール・フローといったマイナスのテクニカル要因は今後数四半期で薄れていくと見ており、金利環境の安定化が予想される中、投資家の関心が高まっていることを好感しています。

特に、安定化に向かう(そして最終的には低下が予想される)金利環境において、不動産デットは不動産エクイティよりも魅力的に見えます。物流や住宅市場は特に魅力的です。

当社は、米国の医療機関と、世界、特に日米の高齢者向け住宅施設を選好します。医療機関は空室率が低く、両セクターとも新規物件の供給パイプラインは限定的です。同様に、双方とも世界の高齢化から恩恵を受けると思われます。

リアル・アセット

•ポートフォリオ構築テーマのセクションで詳しく述べた通り、パブリックREITは注目すべき分野と言えます。バリュエーションは魅力的で、ファンダメンタルズは堅調であり、この市場は金利環境の安定化から恩恵を受けるとみられます。特に、高齢者向け住宅、物流施設、ショッピングセンター、カジノREITなどに当社は注目しています。

•パブリック・インフラは、まだ高止まりしているインフレ率と金利から恩恵を受けると思われ、魅力的です。さらに、これらの企業のサービスはその性質上不可欠であることから、経済成長が減速する中でも追い風を提供するでしょう。収益が大幅に増加している分野(パイプライン、廃棄物、貨物鉄道、欧州の公益企業)や、日本の旅客鉄道や空港など、コロナ禍後の経済再開の恩恵を受けている分野には、最も優れた機会が見出だせると当社は考えています。

•プライベート・インフラは、パブリック・インフラと同様、政策とビジネスセクターの追い風から恩恵を受けるでしょう。しかし、この分野では、2024年に向けてビッド・アスク・スプレッドが縮小してバリュエーションにやや逆風が生じる可能性があります(ただし、その傾向は、新規投資家にとってはより魅力的な機会を生み出すはずです)。この分野において、当社の主な焦点は引き続き、米韓の太陽光発電への投資も含み、エネルギー移行への投資です。また、デジタル化とAIの成長トレンドに乗じたデータストレージとコネクティビティに関連した投資にも機会があると思われます。

•最後に、農地は、リアル・アセットの中で引き続き焦点を当てている分野です。このアセット・クラスはマクロ経済の動向の影響をはるかに受けにくい傾向があり、ポートフォリオ収益源の分散につながります。特に、供給に対して需要が高い米国の一年生作物には魅力的な機会があると考えています。

お問い合わせ
オフィス
日本
東京
〒100-7018 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー18階
Back to Top Icon