Skip to main content
Welcome to Nuveen
Select your preferred site so we can tailor your experience.
Select Region...
  • Americas
  • Asia Pacific
  • Europe, Middle East, Africa
location select
Select Location...
  • Canada
  • Latin America
  • United States
  • Australia
  • Hong Kong
  • Japan
  • Mainland China
  • Malaysia
  • New Zealand
  • Singapore
  • South Korea
  • Taiwan
  • Thailand
  • Other
  • Austria
  • Belgium
  • Denmark
  • Finland
  • France
  • Germany
  • Ireland
  • Italy
  • Luxembourg
  • Middle East
  • Netherlands
  • Norway
  • Spain
  • Sweden
  • Switzerland
  • United Kingdom
  • Other
location select
Institutional Investor
  • Institutional Investor
  • Individual Investor
  • Financial Professional
  • Global Cities REIT (GCREIT)
  • Green Capital
  • Private Capital Income Fund (PCAP)
location select
投資見通し

ポートフォリオ構築テーマ

グローバル投資委員会(GIC)について
Nuveenのグローバル投資委員会(GIC)は、すべてのパブリック市場およびプライベート市場を含め、当社の中核となる専門能力のプラットフォーム全体から、最も上席の投資プロフェッショナルによって構成されています。
Portfolio construction

セクション2

波間に浮かびつつ完璧な波を待っているサーファーのように、今日多くの投資家は、長く待っていればもっとよいチャンスがやってくると信じています。しかし、待ちすぎると完全に波を逃すことになりかねません。金利引き下げ、バリュエーションの低下、債券利回りの変化を待ってから行動を起こすことは、おそらく成功する戦略とはならないでしょう。むしろ、荒れ模様になりそうな状況の中でも現在の市場に適応して、リスクを認識しつつ、利用可能な機会を活用することをお勧めします。 また、この戦略の裏付けとして、当社ではポートフォリオの成長とインカム創出のために設計された複数のポートフォリオ構築テーマとアセット・クラスのアイデアを特定しました。

アセット・クラスの「ヒートマップ」

各アセット・クラスに対する当社の見方を示すクロスアセットの見解は、グローバルな金融市場において当社がどこに最も有望な相対的機会があると考えるかを示します。特定のポートフォリオについての見解を示すものではなく、「新たな資金を投入するにあたり、当社の確信度が最も高い見解は何か?」という質問に答えるものです。これらの見解は、1年間の投資期間で、長期的な成長を求める米ドル・ベースの投資家を想定しています。

Asset class “heat map”

主なポートフォリオテーマ

 

Figure 1: Higher yields create compelling options across fixed income markets

注目点:地方債が再び債券らしい推移に

地方債市場では2023年にボラティリティが高まりましたが、その後は安定が戻ってきており、当社では、過去みられたように、今後は地方債が魅力的なインカムを生み出す一方で、強固な信用ファンダメンタルズを提供し、投資家の資金がこのアセット・クラスに戻ってきて良好なテクニカル要因の恩恵を受けるとみています。

金利環境の変化によって、イールドカーブはスティープ化し、他の債券よりもデュレーションの長い地方債にとって好機が生じると思われます。実質利回りも非常に魅力的です。地方債の利回りは、2011年以来の最高水準で2024年の幕を開けました。このような環境下、投資家はインカムだけでも魅力的なリターンを実現できる可能性があります。そのような状況はほぼ10年ぶりで、地方債は金利の急上昇や劇的なスプレッド縮小がなくても魅力的なリターンを生み出せるのです。

米国の投資家にとって、(特にカリフォルニア州やニューヨーク州などの高税率地域に住んでいる人々にとって)地方債の相対的な税制上の利点は長い間よく知られてきましたが、その魅力的な利回りと信用力、および長期デュレーションという特徴も、世界中の多くの機関投資家にとって引き続き魅力的な選択肢となっています。

当社が最も確信を持つ見解:

プライベート・クレジットは、需要が旺盛でファンダメンタルズも健全です。私たちは、景気後退局面に強いセクターと思われる、ヘルスケア、ソフトウェア、保険会社など、比較的底堅い分野を選好します。

インフラは、経済成長の鈍化局面にあっても底堅さを維持できるとみられます。パブリック・インフラとプライベート・インフラ双方とも魅力がありますが、特にパブリック・インフラではバリュエーションに妙味があります。

地方債は、旺盛な需要と堅調なファンダメンタルズという追い風が継続し、州政府や地方自治体は潤沢なキャッシュを保有してその恩恵を受けると思われます。

お問い合わせ
オフィス
日本
東京
〒100-7018 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー18階
Back to Top Icon