Skip to main content
Welcome to Nuveen
Select your preferred site so we can tailor your experience.
Select Region...
  • Americas
  • Asia Pacific
  • Europe, Middle East, Africa
location select
Select Location...
  • Canada
  • Latin America
  • United States
  • Australia
  • Hong Kong
  • Japan
  • Mainland China
  • Malaysia
  • New Zealand
  • Singapore
  • South Korea
  • Taiwan
  • Thailand
  • Other
  • Austria
  • Belgium
  • Denmark
  • Finland
  • France
  • Germany
  • Ireland
  • Italy
  • Luxembourg
  • Middle East
  • Netherlands
  • Norway
  • Spain
  • Sweden
  • Switzerland
  • United Kingdom
  • Other
location select
Institutional Investor
  • Institutional Investor
  • Individual Investor
  • Financial Professional
  • Global Cities REIT (GCREIT)
  • Green Capital
  • Private Capital Income Fund (PCAP)
location select
投資見通し

アセットクラスごとのベスト・アイデア

グローバル投資委員会(GIC)について
Nuveenのグローバル投資委員会(GIC)は、すべてのパブリック市場およびプライベート市場を含め、当社の中核となる専門能力のプラットフォーム全体から、最も上席の投資プロフェッショナルによって構成されています。
Best ideas across asset classes

アセット・クラス展望

 

株式

サイラ・マリク

ベスト・アイデア

投資ポジショニング

株価は堅調に推移していますが、最近の上昇にもかかわらず(というより、むしろ上昇したために)、グローバル株式については全体的に中立的な見方を維持しています。世界経済は依然として底堅く、特に米国は驚くほどのレジリエンスを示しており、株式市場の基盤は盤石です。しかし、利下げと金融政策を巡る過度にハト派的な予測のおかげで、バリュエーションが拡大しています。また、当社は企業利益の修正パターンを注意深く見守ってきて、今後ボラティリティの高まりを予想しているため、主にディフェンシブなポジションと選別的なリスクテイクの組み合わせを選択しています。

ポートフォリオ構築のセクションで取り上げたテーマに加えて、当社は、魅力的なバリュエーションと良好な収益成長見通しの組み合わせを提供し、景気が減速しても利益率を向上・維持できる優良企業を特定することに主に焦点を絞っています。そのため、当社は、グローバルなインフラ企業や米国の大型配当成長株を選好しています。

最近の株式市場上昇の主な原動力となってきたのは米国の超大型テクノロジー銘柄です。当社は、長期的な構造上の追い風、堅調なビジネスモデル、AI関連のイノベーションのポテンシャルを評価する一方で、バリュエーションの高まりと高い収益期待は警戒しています。テクノロジー分野では、景気の減速または後退に近づく中で最も恩恵を受けるソフトウェアおよび半導体銘柄に注目します。

プライベート・エクイティ市場は引き続き苦戦していますが、この分野では関心の高まりがみられ、当社は今後数四半期で取引活動の改善を予想しています。 

 

債券

アンダース・パーソン

ベスト・アイデア

投資ポジショニング

インフレは依然として根強く残っていますが、徐々に後退しています。また、年初に期待されていたほどには金利が劇的に、あるいは急速に低下しているわけではありませんが、2024年には徐々に低下すると予想しています。金利が予想以上に長く高止まりしたとしても、足元の利回りは債券全体に魅力的なインカムを提供します。

デュレーションをまだ短めに維持している投資家については、中立に近づけることを提案します。地方債市場では、現在平均以上に長いデュレーションをとることが理にかなっていると考えます。地方債のスプレッド・カーブは米国債のイールド・カーブよりもかなりスティープであり、金利が低下した場合にも、当期のインカムとトータルリターンを提供します。

当社の主要なテーマは、特定分野に過剰配分も過小配分もせず、柔軟性を持って債券セクターにまんべんなく分散投資するということです。しかし、その中でもハイイールド債、特に信用力が相対的に良好で魅力的な利回りを提供する銘柄や、より長くより高い金利が続くとみられる中で恩恵を受けるシニア・ローンには、より多くの機会があると考えています。また、優先債にも機会が見出されます。スプレッドは過去平均に近付き、ファンダメンタルズは堅調で、投資家の需要もかなり旺盛であるようにみえます。

また、地方債(米国以外の投資家向けの課税地方債を含む)についても引き続き強気です。地方債はデュレーションの長さに加えて、魅力的な相対利回りと堅実なファンダメンタルズを提供し、旺盛な需要と新規供給不足という需給面での下支え要因もあります。

また、特に当社の予想通り経済の減速が軽度または緩やかであった場合には、プライベート・クレジット市場に対して非常に強気の姿勢を維持します。 

 

不動産

カーリー・トリップ

ベスト・アイデア

投資ポジショニング

当社は、ポートフォリオ構築テーマで述べたように、プライベート不動産市場は今大きな転換点を迎えており、逆風はほぼ解消しているとみています。特にオフィス部門においては、まだ厳しい状況が続いていることは確かですが、資産クラス全体としては、明るい兆しが見られます。世界的な利上げの動きはほぼ過去のものとなり、物件の販売状況には増加の兆しも見られ、プライベート・エクイティのバイヤーがディストレスト機会を活用するため市場に再び参入し始めています。バリュエーション面では、1年以上にわたり価格が下落しており、不動産市場は底入れしつつあると考えています。

特に注目される2つの分野は、米国の医療機関と世界の高齢者向け住宅施設です。医療機関は空室率が低く、供給パイプラインも限定的な上、人口の高齢化による追い風を受けます。高齢者向け住宅も同様に高齢化から恩恵を受けており、新規着工ペースも遅いことからファンダメンタルズは改善していると思われます。

金利環境が安定し、貸し手側が十分な価格設定力を持つ一方で間もなく利下げが予想されることから、引き続き当社は不動産デットをエクイティよりも選好します。 

 

パブリック&
プライベート・リアル・アセット

ジャスティン・オルソ
ジェイ・ローゼンバーグ

ベスト・アイデア

投資ポジショニング

GICにとって長い間、パブリック・インフラが選好される資産クラスとなっており、妥当なバリュエーションと予測可能なキャッシュフロー、経済が悪化した場合や、根強いインフレにも耐えられる能力などが当社のポジティブな見方につながっています。当社は特に、AI関連のイノベーションによる力強い成長が見込まれるデータセンターなどのテクノロジー・インフラ、バリュエーションが魅力的で一般的に規制環境も良好な北米と欧州の規制対象公益事業、強力で底堅いファンダメンタルズを特徴とする有料道路などに特に前向きです。

パブリック不動産も金利環境の改善を背景にファンダメンタルズが全般的にポジティブであることを考えると引き続き魅力的で、当社は特に、データセンター、インフラと不動産が重なる投資、限られた供給と人口高齢化の恩恵を受ける高齢者向け住宅、裁量支出の減速に耐えられる食料品店や必需品店がアンカーとなっているショッピングセンターを選好します。

プライベート・リアル・アセットは引き続き、パブリック・リアル・アセットと同じような傾向から多く恩恵を受けています。インフラについては、AIの需要創出(データセンターの開発、再生可能エネルギーのニーズ、光ファイバー促進策とコネクティビティ)によってデジタル・インフラと電力インフラが恩恵を受けるとみられます。当社は、脱炭素化の目標とプライベート資本のニーズを踏まえ、エネルギー移行関連インフラにも引き続きグローバルに注目します。また、持続的な成長傾向を示しているファーストフード・レストラン・セクターの受託製造など、アグリビジネス投資にも当社は機会を見出しています。

農地に関しては、長期投資として概ね前向きな姿勢を維持しています。今のところ相対利回りはやや魅力に欠けるかもしれませんが、農地は構造的に高進が続くインフレ傾向と食料不足の拡大から恩恵を受けています。特に、供給に対して需要が高い米国の一年生作物には魅力的な機会があると考えています。 

お問い合わせ
オフィス
日本
東京
〒100-7018 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー18階
Back to Top Icon