現在地を確認
location select
language select
投資見通し

収益獲得機会の到来
激動の時代におけるポートフォリオの視点

Spiral staircase in Antinori nel Chianti Classico in Italy

主なポイント

   

前回の展望では、投資家は「ノイズ」を取り除き、「シグナル」、すなわち、経済やアセット・クラスのファンダメンタルズに関する確かなデータに注目することをお勧めしました。私たちは このアプローチを引き続き支持しますが、このようなアドバイスに最も真摯に耳を傾けてくださる方たちでさえ、2022年上半期を忘れ去りたい理由は十分にあると思います。

年半ばの節目を過ぎ何かほっとしたような気分になることもあるかもしれませんが、カレンダーをめくったからといって、市場の現実が変わるわけでもなく、今後6ヶ月間、あるいはそれ以降 のポートフォリオをどのように構築するのがベストなのか、という疑問に答えが出るというわけでもありません。ノイズがますます喧しくなる一方、シグナルの中には思わしくないものもあり、金融市場においてボラティリティが拡大している環境で、極めて重要な課題となっています。

実際、下半期に入っても、高水準のインフレ、経済成長の鈍化、金利上昇、FRBの政策に対する不安、ロシアとウクライナの戦争による影響など、上半期の大きな逆風は続いています。

しかし、すべてが暗澹としているわけではありません。経済と市場に関するレビューでご説明いたしますが、今後についてはインフレの緩和、底堅い消費需要の継続といった、いくつかの好材料が見込まれています。そしてFRBも最初の大幅な利上げを終えた後、金融市場に対する引き締め姿勢を緩める可能性があります。

ヌビーンのグローバル投資委員会は、このようなポジティブな見通しとリスクの高まりを背景に直近ミーティングを開催し、資産配分とポートフォリオ構築のためのベストアイディアを再検討 しました。

この検討プロセスの新たな手順として、当社の経済・投資スペシャリストチームに、それぞれの専門分野の枠を超えて考察するよう求めました。こうしたアプローチにより、対話と議論にアセット・クラスを超えた視点がもたらされ、次章で詳述するアセット・クラスの「ヒート・マップ」、確信度の高い見解と意見の相違する分野にもこれが反映されています。

GICメンバーは向こう6~12ヶ月間のポートフォリオ構築に関するいくつかの重要なテーマについて次の通りの見解を示しました。

私たちは長期投資家ですが、損失から利益への移行には、時間が全てを解決してくれるというような、単なる忍耐強さだけでは不十分であると認識しています。忍耐は美徳かもしれませんが、それだけで報われるものではありません。だからこそ、私たちのポートフォリオ構築のテーマは、お客様が取ったリスクに対して十分な対価を得られることであり、特定の資産クラスにおける価値を追求することにあるのです。これこそが、激動の時代、そしてどんな時代にも成果を追求するヌビーンの全体的なアプローチの真髄なのです。

お問い合わせ
オフィス
日本
ヌビーン・ジャパン株式会社の オフィス
27F, Atago Green Hills Mori Tower, 2-5-1, Atago, 105-0002, Minato-ku, Tokyo

重要なお知らせ
ヌビーン・ジャパン株式会社(以下「当社」といいます。)は、第二種金融商品取引業、投資運用業及び投資助言・代理業を行う金融商品取引業者です。
第二種金融商品取引業者として、当社は金融商品取引法(昭和二十三年法律第二十五号、その後の改正を含む)第二条二項に規定された有価証券について のみ勧誘を行うことができます。従って、当社が提供する資料は、登録業務の範疇で当社が私募の取扱いを行う対象とはならない同有価証券、及びその 他いかなる有価証券の取得の勧誘を意図して提供されるものではありません。
投資運用業者として、当社は日本の投資家向けに投資一任運用サービスを提供することができます。従って、当社が提供する資料は、登録業務の範疇で認められていないいかなるサービスの提供勧誘を意図して提供されるものではありません。
投資助言・代理業者として、当社は投資助言の提供及び国内投資運用業者と海外の運用業者との間の投資助言契約あるいは投資一任契約の締結の代理を 行うことができます。従って、当社が提供する資料は、登録業務の範疇で認められていないいかなるサービスの提供勧誘を意図して提供されるものではありません。
本資料に記載の情報は資料作成時点で実質的に正しいと考えられますが、その情報の正確性あるいは完全性を当社が表明あるいは保証するものではありません。データは資料作成者が信頼しうると判断した提供元から取得していますが、その正確性を当社が保証するものではありません。
過去の 運用実績は将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産の価値および投資によりもたらされる収益は増加することもあれば 減少することもあり、投資家は投資元本を失う可能性もあります。
本資料に 含まれる見解は、資料作成時点での資料作成者の所見や展望であり、将来予告なく変更されることがあります。また、それらの見解は、過去あるいは将来の動向についての表明あるいは保証とみなして依拠されるべきものではありません。
経済あるいは市場に関する予測は不確実性を伴い、市場、政治、経済などの状況により変化する可能性があります。
本資料中に個別格付けの記載が含まれる場合、下記ウェブページの「無登録格付に関する説明書」をご覧ください。https://www.nuveen.com/ja- jp/glob al/-/media/nuveen/documents/legal-and-compliance/unregisteredratingagencies.ashx
Nuveen , LLC及びその傘下の関連会社を総じて「Nuveen」あるいは「ヌビーン」と称する場合があります。Nuveen, LLCはTeachers Insurance and Annuity of America (TIAA、米国教職員退職年金/保険組合)の資産運用部門です。
本資料は、情報提供を目的として、受領者限りの資料としてご提供するものです。本資料を当社の書面による許諾なく第三者による使用または第三者への提供を禁じます。
金融商品取引法に基づく広告規制に関する重要事項
【費用】 当社が投資一任契約口座にてお客様から受託した資産の運用を行う場合、お客様には、運用報酬、売買手数料、保管費用等をご負担いただきます。 運用報酬やその他手数料については、投資形態、資産残高、運用手法等によって異なるため、あらかじめその料率やその上限値を本資料中に表示することはできません。具体的な費用については、契約締結に先立ってお渡しする契約締結前交付書面をよくお読みください。
【リスク】 受託資産の運用に際しては、組入れファンドの価格変動リスク、組入れファンド内で投資する有価証券等投資対象の価格変動リスク、金利および 金融市場の変動リスク、流動性が十分でないために取引できない流動性リスク、株式や債券に投資する場合には発行体の信用リスク、外貨建て資産の場合は 為替変動リスク等の影響を受けます。これらの影響により、組入資産の価格が変動して損失を生じ、投資元本を失う可能性があります。運用によって生じた損失はすべてお客様に帰属します。具体的なリスクについては、契約締結に先立ってお渡しする契約締結前交付書面をよくお読みください。
ヌビーン・ジャパン株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3132号 GWP-1984035PR-O1221W
一般社団法人日本投資顧問業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会加入

Back to Top Icon