現在地を確認
location select
language select
地方債

課税地方債:第2四半期後半、トレンドに回復の兆し

aerial view of Aeroplanes

課税地方債:第2四半期後半、トレンドに回復の兆し

課税地方債市場は、第2四半期も引き続き苦戦し、6.20%の下落となりました。ベース金利の変動、インフレの長期化、米国連邦準備制度理事会(FRB)の急速な金融引き締め政策といった逆風があったものの、同四半期後半には明るい材料も出てきました。一部の経済データは、景気の過熱感が和らいでいることを示唆しており、課税地方債が史上最も低いリターンを記録した6か月が過ぎ、レラティブ・バリューと絶対利回りの双方の魅力から長期目線の投資家が回帰し始め、相対的にパフォーマンスの高い領域が生まれています。

課税地方債のリターンは、今年最大の痛手にも持ち堪え、現在魅力的なバリュエーションにあります


お問い合わせ
オフィス
日本
ヌビーン・ジャパン株式会社の オフィス
27F, Atago Green Hills Mori Tower, 2-5-1, Atago, 105-0002, Minato-ku, Tokyo
Back to Top Icon