当社の別のサイトへ移動
  • Nuveen
    • グローバル(英語 English)
    • これより先のウェブサイトは日本在住の閲覧者を対象とせず、また日本国の法令諸規則が及ぶ内容ではありません。移動しますか?



ヴィジェイ・
アドヴァニ

  • エグゼクティブ・チェアマン
Vijay Advani

ヴィジェイ・アドヴァニ

米国教職員退職年金/保険組合(TIAA) の資産運用部門であるNuveenのエグゼクティブ・チェアマンとして、全戦略および「インパクト投資とESG投資」、「Nuveen投資工学研究所のさらなる発展」、「非米国地域におけるNuveen事業および投資能力の強化」という、3つの主要目標に力点をおいた成長戦略を統括。同氏は2017~2020年にNuveenの最高経営責任者を務め日々の業務を監督。

2017年に入社する前は、フランクリン・テンプルトン・インベストメンツの共同社長を務め、同社での20年以上におよぶキャリアにおいて、長期戦略イニシアティブおよび運用管理、トレーディング、グローバル・リテールおよび法人営業を担当。

フランクリン・テンプルトンに入社する前には、世界銀行で11年間各国政府に金融市場の育成、株式・準株式、デット・ファイナンスによる資金調達の助言を行う。 また、旧ソ連、アジア、中東、アフリカの新興国関連のビジネスにも従事。Investment Company Institute(ICI)の理事会の委員、Jumpstartおよび米インド・ビジネス協議会(USIBC)、FCLT Global、Global Impact Investing Network (GIIN)の理事会の役員を歴任。また、Palo Altoの The Hive Incubatorにおける諮問委員会の委員、TiE Silicon Valleyの創設委員を務め、米インド戦略パートナーシップ・フォーラム(USISPF)の元理事、ペンシルバニア大学のインド高等学院研究所(CASI)の元理事としての経験も有する。また同氏はサンフランシスコ・バンガロール姉妹都市の委員会の役員、サンタクララ大学(SCU)のインド諮問委員会および投資委員会の役員などを務め、Lok基金の元理事。

ムンバイ大学で学士号を取得後、マサチューセッツ大学アマースト校でMBAを取得。
Back to Top Icon